2015年08月 一覧

金子國義リトグラフ集「不思議の国のアリス」,選べるフレームが増えました

金子國義リトグラフ集「不思議の国のアリス」,選べるフレームが増えました

ご注文ページより選んでいただけるフレームを追加しました.

記事を読む

My first Takuma Nishiya  何故この狭い道をお前はゆく 2000

My first Takuma Nishiya  何故この狭い道をお前はゆく 2000

見ているだけで、通りの匂いや人々の喧騒が聞こえてくる。アジアの街の片隅で、牛さんが向かってる場所は果たしてどこなのか。でも、この絵の構図からすると、牛さんの進路のまん前にいるのは・・・西谷くん?

記事を読む

ジャランジャラン とうとう僕らの出番だね。

ジャランジャラン とうとう僕らの出番だね。

ひと雨ごとに秋の気配。必死で求愛していたセミさんたちがひと段落したら、僕らの出番。僕らはセミさんと違って、ちょっぴりナイーブ。美しい音色でアピールするよ。秋のオーケストラなんて褒められたりもするんだ。

記事を読む

一人でも上手に掛けられる壁掛け用金具 ピクチャーパーフェクト
いぬさん My first Kiyoshi Soda

いぬさん My first Kiyoshi Soda

版画っていうのはいい所がたんまりある。その中のひとつはエディションがあるから、個展の時、私が先に好きな作品を選んで買っても大丈夫って所。ただ、ただね、画伯のエディションは分母が3とか、ひどい時は1とか書いてある。ピカソが言ったでしょ?「版画を作ってよかった所は、一部のお金持ちの所に飾られるだけじゃなく、いろんな人に所有してもらえる所だ」って。でもまあ、作品との出会いって、その時、その瞬間だからね。そういう出会いは大切にしなくちゃ。

記事を読む

一人でも絵を上手にかけられる絵画用フックが新発売 その名もピクチャー・パーフェクト

一人でも絵を上手にかけられる絵画用フックが新発売 その名もピクチャー・パーフェクト

このタイプの取付け金具は、絵画(額縁や鏡)を壁面にフラットにかけること事ができます。紐でかける場合、すこしだけ前に傾いた感じになりますので、特に鏡などの場合はこちらの方がおすすめです。両端で固定するので左右に傾くこともありません。

記事を読む

脳かパソコン。違った、脳とパソコン。

脳かパソコン。違った、脳とパソコン。

私の名前はオリベッティ。シュールよね。こんな作品イタリアでも見たことないわ。画伯はどっちが欲しいのかしら。あら失礼。きっと、どっちも持ってるのよね。もちろん別々に。

記事を読む

クロネコ vs ペリカン 今世紀最大の戦い。

クロネコ vs ペリカン 今世紀最大の戦い。

いつの時代にも避けられない戦いがある。たとえ自然界の生息域が異なっても、偶然、どこかの街角で顔を合わせてしまうこともあるだろう。ペリカンが鳩を丸呑みする映像を見せられた今、果たしてクロネコに勝機があるのか!2015年クリスマスホリデーシーズン公開映画、クロネコ VS ペリカン 乞うご期待!

記事を読む

たくさんの重ねられた淡い色が、作品になる瞬間。

たくさんの重ねられた淡い色が、作品になる瞬間。

ある夏の日、作家のみんなと一緒に、田舎の農家に泊まりに行って冒険することになった。彼女は待ち合わせの日の1日前にギャラリーに現れた。なんとまあ。あの時の照れた笑顔は、何回思い出しても私を笑わせてくれる。その人がこんな絵を描きます。

記事を読む

サヨナラベアー 私の大好きな作品のひとつです☆

サヨナラベアー 私の大好きな作品のひとつです☆

作品を見ていろんな事を考える。どうしてくまさんは「サヨナラ」してるんだろう? いや、誰かがくまさんに「サヨナラ」って言ってるのかな? 「サヨナラ」って悲しい「サヨナラ?」 それとも嬉しい「サヨナラ?」 終わりははじまり。

記事を読む

葉と刃と鳩 ハトは空気が読めます。と大学教授の方が言ってます。

葉と刃と鳩 ハトは空気が読めます。と大学教授の方が言ってます。

ホロッホー。クックー。サンマルコ広場ならハトに襲われても怒らない。だってサンマルコ広場にハトがいなかったら、サンマルコ広場の魅力が半減するもんね。

記事を読む

どっちが、ニキ・ラウダで、どっちが、ジェームス・ハント?

どっちが、ニキ・ラウダで、どっちが、ジェームス・ハント?

マシンを使って早さを競うのは、F1だろうがジムカーナだろうが同じこと。飛行機が離陸する時のGに身を任せ、ひとときのアイルトン・セナを楽しむ。ジェットコースターのGではちょっとだめだ。あれは、レールの上限定の世界だから。

記事を読む

決して一人では見ない方がいいホラー映画10選

決して一人では見ない方がいいホラー映画10選

恐怖にもいろんな恐怖があるよね。筥崎宮の放生会の「お化け屋敷」の恐怖と、「見世物小屋」の恐怖。ちょっと違う種類の恐怖だよね。

記事を読む

ゆ っ く り だ け ど 構 い ま せ ん か ?

ゆ っ く り だ け ど 構 い ま せ ん か ?

はい 構いません。

記事を読む

クリスチャン・ルブタン,ヒールを履いたときは膝を突き出して歩かないでね。

クリスチャン・ルブタン,ヒールを履いたときは膝を突き出して歩かないでね。

古今東西、女性の足を愛でるシーンが登場する小説はたくさんある。男性が女性の足を、それもかかとより下の部分を大切に扱ってくれるシチュエーションに、大きな愛情を感じるのは私だけだろうか。多分それは、お母さんが赤いエナメルの靴のベルトをかがみこんで止めてくれるような愛情。

記事を読む

蛾のナターシャさん。と言われてモスラを思い出してしまった。インファント島に住みたい。

蛾のナターシャさん。と言われてモスラを思い出してしまった。インファント島に住みたい。

どうして映画「ゴジラ」シリーズはちょっぴり切なくさせるのでしょう。見た目よりいい奴なのにウルトラマンみたいな扱いをされないからなのか、怪獣物だけどそれだけじゃない感じが溢れているからなのか。どっちにしてもゴジラが叫ぶと、私も叫ぶ。ままならぬ切なさに、やりきれなくて。んーーーーーぎゃああぁ。ためるよね。

記事を読む

「てあしくちびょう」ってことは、鼻には出ないのだろうか。

「てあしくちびょう」ってことは、鼻には出ないのだろうか。

なぜだか、私の周りの大人たちは、大抵は子供にしかかからないと言われている病気にかかる人が多いんだよね。りんご病とか、手足口病とか。本当は、公園や砂場で遊んでるんじゃないの? 一人で。

記事を読む

夏の野菜婦人会

夏の野菜婦人会

なくてもいいけどあるとうれしい,夏を彩る野菜,の婦人たち.

記事を読む

你好。 我的名字,不明白。 爱你。

你好。 我的名字,不明白。 爱你。

猫ににてる熊?そう始めはレッサーのせいで「熊猫」になった。そのあとデカさが強調されて「大熊猫」にされた。おまけに「パンダ」はネパール語の竹。ここはどこ?わたしはだれ? 私のことはほっといてください。って気持ち、わかってくれる?

記事を読む

8月8日は「ヒゲの日」

8月8日は「ヒゲの日」

「一人前の男になった」そんな気がしたあの日から、「一人前の男」なんて言葉、気にもしなくなったのに、なぜかヒゲだけは毎日伸びる。もう一度考え直してみようか「一人前の男」について。今日は俺のおヒゲ記念日。

記事を読む

オスカー・ワイルドの挿絵には使えないかもしれないが…

オスカー・ワイルドの挿絵には使えないかもしれないが…

あのころの僕は、王子様の願いを叶えてあげることが生きがいだった。

記事を読む

1 2