あぁ、私がスパイだったら、ガーターリングにベレッタを隠したい。

Old dog, new tricks…..Old dog でもいいじゃないか。タキシードには黒いエナメルのオペラパンプス、マティーニはステアじゃなくてシェイク。「こだわり」それが俺のダンディズム。 ふっ Puppyにはわかるまい。

007

007


イアン・フレミング原作でのボンドの銃は「Beretta M418」だったんだよ。女性の護身用っぽいじゅうだから、なんだか今のボンドの「WaltherP99」のゴツさはスマートじゃないよね。
でも、いちばん新しいジェフリー・ディーヴァーの「007 白紙委任状」では、ワルサーはワルサーでも「Walther PPS」に戻ってる。よかった。こっちの方がボンドらしい。スパイの道具としては、目立たず軽く携帯できるっていうのが正しい選択。
でかくて威力の強い銃は似合わない。
女の子を抱きすくめる時も邪魔になるし、枕の下にも隠しにくい。

車も原作では、ベントレーだった。
2015公開の最新作の「007スペクター」には、この映画のためだけに10台だけ作られたアストンマーチン・DB10が登場。どっちかというとアストンマーチン・D85の方がデザインは好きだな。
走らせるなら「カジノ・ロワイヤル」のアストンマーチン・V12ヴァンキッシュ後継モデルDBS V12。走らせるといえば、空冷時代のポルシェ911(930型)がなつかしい。アイドリングの間中、車の息遣いが聞こえる みたいなエンジンが好き。今の車はお利口さんすぎて、渋滞の時は楽でいいけれど、ちょと寂しい。
ちょっとまったっ! そだ画伯の作品の話をしなくちゃ。
車も美人もタキシードも持っているあなた。あとはこの作品で完璧です。
あっ、もしアレなら、この作品から入るっていう手もあります。


『007』詳細・購入ページ