ほえろマンモスくん マンモスくんはゾウさんの祖先じゃないんだね。

マンモスってみんな毛がふさふさかと思っていたけど、短毛種もいたんだって。おまけにでっかいマンモスだけじゃなくて、ちっこいマンモスもいたんだって。やっぱり、知らないことって多いよね。

ほえろ!マンモスくん

ほえろ!マンモスくん


マンモスってゾウさんの祖先かと思っていた。

マンモス (Mammoth) は哺乳綱長鼻目ゾウ科マンモス属 (Mammuthus) に属する種の総称である。
現生のゾウの類縁だが、直接の祖先ではない。約400万年前から1万年前頃(絶滅時期は諸説ある)までの期間に生息していた。巨大な牙が特徴で、種類によっては牙の長さが5.2メートルに達することもある。日本では、シベリアと北米に生息し太く長い体毛で全身を覆われた中型のケナガマンモス M. primigenius が有名だが、実際にはマンモスは大小数種類あり、シベリア以外のユーラシア大陸はもとより、アフリカ大陸・アメリカ大陸に広く生息していた。特に南北アメリカ大陸に生息していたコロンビアマンモスは、大型・短毛で、かつ最後まで生存していたマンモスとして有名である。現在は全種が絶滅している。

遠縁っていうか親戚みたいなものなんだね。マンモスは絶滅してるからイメージが昔の生き物っぽくて、なんとなくゾウさんの祖先かと思っていた。
おまけにゾウさんの祖先は、水辺の中型哺乳類。水辺。ゾウさんたちが水浴びが好きそうなのは見たことあるけど、いつもはちょっぴり乾いたところにいるイメージがあったから、変な感じ。

冷凍マンモスのDNAでマンモスを復活させようという研究者のチームがあるみたいだけど、もし復活したとして、そのマンモスは昔のマンモスと同じマンモスということになるのかなあ。復活したマンモスも一人じゃ寂しいだろうし、だからってもう一匹復活させても、なんだかなーとも思うし。

なくなってしまったものに対する執着が強い人もいたりするけど、今、なくなりそうなものに力を注ぐっていうのも大切な気がする。まあ、また、動いてるマンモス見てみたい気もするけど、それはこっちの勝手だしなあ。うーん。

マンモスが絶滅した原因は諸説あって、多くの人間がアメリカ大陸に進出した時期にマンモスの数が激減したいうデータがあって、死因については狩猟によるものや、人間が持ち込んだ家畜から伝染病に感染したという説があるそう。なんか、映画とかで空から隕石とか降ってきたり、氷河期みたいな寒くてカチコチになったりして死んじゃったのかと思っていたので、意外に近い過去まで生きていたんだと思うと不思議な感じ。
何年か前、日本でも冷凍マンモスの展示があってたよね。なんだっけ、2013年、シベリアで発掘されたマンモス「ユカ」が、パシフィコ横浜で開かれた特別展マンモスYUKAで展示公開された。だって。

いろいろ考えてると、なんだか悲しくなってきた。今あるものを調査するのは、学術的に必要だと思うけど、やっぱり復活作戦はどうかなあ。

まあ私は、このほえろ!マンモスくんの方がいいや。なんてったって元気で楽しげななんだもの。

詳細・購入ページへ