ブランコに乗るキツネザル 足の第2指のみ鉤爪で、グルーミングに使う。器用だな。

縄張り争いではオスではなくて、メスのみが大活躍。「ジャンプファイティング」なる問答無用の格闘技ジャングルでは、子供を背負ったままジャンプして蹴り合う必殺技を繰り出す、凄腕のファイターぞろいなのだ。おーーー母は強し。

ブランコに乗るキツネザル

ブランコに乗るキツネザル


僕らは5-6000万年前、アフリカ大陸に住んでいたんだ。流木のってマダガスカル島やコモロ諸島なんかの孤島に漂着して独自に進化したんだ。長いしっぽはもちろん木の上でバランスをとるのにも使うけど、コミュニケーションにも使うんだよ。

真面目な顔してブランコこいでるのがなんとも魅力的。この作品見てると思わず笑ってしまう。どのくらいこぐんだろうな。一回転するくらいこいじゃうかなあ。でも、このキツネザルはユラユラ揺られてるくらいの方が性に合ってそう。子供の頃思いっきりブランコこいで、もう少しこいだら、大車輪みたいに一回転できるんじゃないかしらと本気で思ったことがあるけど、結構そうはいかないんだよね。

大人になってブランコに乗ると、ちょっと「うげっ」ってなるのが哀しい。コーヒーカップもまわせなくなった。子供の頃は、いい感じに鈍感な部分があってなんでもできたのに、大人になるとそういうところは鈍感じゃなくなって、そこは敏感な方がよくない?ってところだけ鈍感になるのが、うーん。

このキツネザルさんは思春期っぽい。
ring-tailed-lemur-852897_640

詳細・購入ページへ