絵や鏡を壁面にぴったり取付。かけた後も微調整できる!ハングマン・アパートメントハンガー

航空機にも使われる高品質なアルミを使用したクリート(突溝金具)です。絵や鏡を壁面にぴったりと、しかも付属の水平器を利用して簡単に水平にかけることができます。

絵画や鏡などをかける際、便利に使える壁掛けフックとしてピクチャーパーフェクトを紹介していますが、こちらの金具も水平器付きで便利ですのでご紹介します。

ピクチャーパーフェクトは、フレームの左右に金具を取り付けるタイプですが、ハングマンは上部につけて使用するタイプです。本体は航空機の機体にも使用される高品質のアルミ製で、軽量で強度に優れています。

ハングマンの特徴:簡単に水平に取り付け。しかもかけた後に微調整ができる

壁面に設置する金具に水平器をつけて平行を確認し、金具を壁に取りつけたあと、絵画や鏡などをかけるため、ハングマンのサイズ以内なら、多少の横移動が可能です。かけた後、「もう少しだけ右だったな…」というような時に釘を打ち直したりすることなく微調整ができます。

金具の見た目に対して、釘自体は細いもので対応していますので、壁面にあく穴も極力小さくてすみます。

ハングマン取り付け方


ピクチャーパーフェクトと同じく、ハングマンも一人でも楽にかけられる仕様になっています。サイズは3種類あるので、より大型の作品、額縁、鏡などにも対応しています。フレームだけでなく、工夫次第で様々なものを壁面に取り付けることができます。

  • 幅12mm以上の木製の額縁に対応。
  • 航空機の機体にも使用される高品質のアルミ製。
  • ねじ止めをする場合よりも壁に残る穴が小さく、外した後の補修も簡単。
  • 各サイズ / 耐荷重: 127mm / 22kg、305mm / 45kg、457mm / 68kg
  • ※上記メーカー公表耐荷重は金具本体のものです。壁の強度・構造、及び額の強度にもご留意の上ご利用ください。

ご購入はこちらから

掛けっぱなしのフレームをチェックして安全対策を

壁にかけてから時間がたった金具や紐タイプのものなどは、ネジが緩んだり劣化していることがあります。地震などの災害に備えるためにも、お引越しや模様替えの際に、一度点検してみることをお勧めいたします。

フレームのカバーがガラスの場合も、落下などで破損することがあります。人の出入りが多い場所や、大切な作品をガラスを使ったフレームに入れている場合は、アクリルに入れ替えることもお勧めします。(フレームはそのままで、アクリルに変えることもできます)