Departures: 「過去への彷徨」武田史子

雁皮紙を用いて美しいモノトーンで表現された静謐さとロマンを感じる銅版画作品です。

過去への彷徨 SOLD OUT

“過去への彷徨” 武田史子


雁皮紙を用いて美しいモノトーンで表現された静謐さとロマンを感じる銅版画作品です。
1991年の作品ですが、昨年出版された「真理の工場: 科学技術の社会的研究」(福島真人著)のカバーに使用されています。本は未見ですが、イメージを掻き立てられるカバーとなっています。作品の主題ともなっている“時間”、本当に時間を超えて愛される作品となっているようで素敵な偶然です。