Kuniyoshi Kaneko

金子國義(かねこくによし)
1936年生まれ.作家・澁澤龍彦の紹介により銀座の青木画廊で個展「花咲く乙女たち」を開き画壇デビュー.デカダンスな雰囲気を漂わせる艶やかな女性/男性のモチーフが特徴的.『不思議の国のアリス』ほか多くの書籍・雑誌の装幀画・挿画も手がけた.2015年3月逝去.

この度 Galerie RECOLTE では,以前よりお問合せの多かった金子國義のリトグラフ集「不思議の国のアリス」をご紹介いたします。金子氏の代表的なモチーフの一つとなった「アリス」。奇しくも、金子氏の亡くなられた2015年は,ルイス・キャロルの名著「不思議の国のアリス」初版から150周年の年でもありました。

「不思議の国のアリス」(全12葉)
  1. Alice and Her Sister (アリスとお姉さま)[SOLD OUT]
  2. White rabbit wearing suit (スーツを着た白うさぎ) 在庫あり
  3. A room with a golden key (部屋と金色の鍵)[SOLD OUT]
  4. The mouse’s long tale (ネズミのながいお話)[SOLD OUT]
  5. A great girl (おおきな少女)[SOLD OUT]
  6. The caterpillar’s lecture (いもむしの忠告) 在庫あり
  7. The Singing Cook (うたうコック)[SOLD OUT]
  8. A mad tea party (気ちがいお茶会)[SOLD OUT]
  9. The queen of hearts (ハートの女王) 在庫あり
  10. The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)[SOLD OUT]
  11. The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)[SOLD OUT]
  12. Who are the tarts? (タルトをぬすんだのはだれ?)[SOLD OUT]

在庫数は各1点のみとなっております.気になる作品がありましたらお早めにお問い合わせください.

作品一覧はこちら
金子國義 - 不思議の国のアリス Alice in Wonderland

この度 Galerie RECOLTE では,以前よりお問合せの多かった金子國義のリトグラフ集「不思議の国のアリス」をご紹介いたします。金子氏の代表的なモチーフの一つとなった「アリス」。奇しくも、金子氏の亡くなられた2015年は,ルイス・キャロルの名著「不思議の国のアリス」初版から150周年の年でもありました。

INTRODUCTION

1972 というのは或る日、これも個展のとき知り合った女流画家のグラッチェラ・マルキとお茶を飲んでいて、彼女のスケッチ・ブックに落書きで女の子を描いたんです。翌日散歩中ばったりあったオリベッティ社アート・ディレクターのソアビ氏が、話がある、という。聞くと、グラッチェラにあげたらくがきを見て、これはアリーチェだ、と思った。というんですね。アリーチェはアリスのイタリア読みです。それでダイアリーがアリスの絵本に変わった。(年譜を語る より抜粋)

金子國義エロスの劇場/KUNIYOSHI KANEKO THEATRE OF EROS(1984)

髪をすかれるアリス
Alice, having her hair 1977

窓辺のアリス
Alice of the window 1977

1938 最初に意識した色は赤、母のきものの紅絹うらの赤じゃないかしら。子供の頃の楽しみは行李を開けて反物の端布を見る事でしたね。あれがけっこう色彩感覚の勉強になったみたい。お蔵の中には祖母のだか母のだか髢や鼈甲の簪なんかが一揃い入っている箱があって、そういうの見つけるのが早いんです。ひとりで拡げてよく遊びました。(年譜を語る より抜粋)

布張りの外函(*ご購入いただいた作品に函は付属しません)

函の絵柄はクイーンとキング

作品は「不思議の国のアリス」のテキストが印刷されたタント紙に挟まれています.

版画刷込用紙はヴェラン・アルシュ

サイン

エディション


alice9

お問い合わせ

お名前 (必須項目)

メールアドレス (必須項目)

お問合せの内容についてお選びください (必須項目)

お問合せ内容詳細

Departure:「The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)」「The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)」不思議の国のアリスより

Departure:「The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)」「The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)」不思議の国のアリスより

ウミガメさん、泣いてます。嬉し泣きかな?「わしはいわぬ、泣くなとはな。すべての涙が悪しきものではないからじゃ。」by ガンダルフ

記事を読む

Departure: 「The singing cook(不思議の国のアリスより)」金子國義

Departure: 「The singing cook(不思議の国のアリスより)」金子國義

金子國義の「不思議の国のアリス」は、劇中劇の様だったり、合わせ鏡をうっかり覗き込んでしまったみたいだったりして 「フシギノクニノ不思議の国のアリス」 だ。

記事を読む

Departure: 「A Great Girl(不思議の国のアリスより)」金子國義

Departure: 「A Great Girl(不思議の国のアリスより)」金子國義

不思議の国のアリスでも有名なシーンで、版画集のなかでも構図が面白い迫力の作品です。アリスの足元に陣取る動物達も、一つ一つすごく可愛くて、ずっと見ていても退屈しません。

記事を読む

一人でも上手に掛けられる壁掛け用金具 ピクチャーパーフェクト
金子國義 不思議の国のアリス Alice and Her sister. アリスとお姉様

金子國義 不思議の国のアリス Alice and Her sister. アリスとお姉様

Aliceの冒険ははたして本当だったのか、ただの白昼夢だったのか。アルトゥール・シュニッツラー作『夢小説』が原作の「アイズ ワイド シャット」のアリスは、ビルにとっての白うさぎだったのだろうか。きっと夢と現実に狭間なんてない。今の全てもただの長い夢のかけらにすぎないのかも。だけど、なぜか醒めない夢もない。それが哀しい。

記事を読む

偏頭痛持ちの方に朗報。「不思議の国のアリス」はルイス・キャロルの偏頭痛から生まれたのかもしれない!らしい。

偏頭痛持ちの方に朗報。「不思議の国のアリス」はルイス・キャロルの偏頭痛から生まれたのかもしれない!らしい。

ピンチをチャンスに!ちょっと違うか、偏頭痛を芸術的才能に!不思議の国のアリスを生み出した「独特な創造性」はルイス・キャロルの片頭痛持ちが関係しているかもしれないらしい。

記事を読む

"Kuniyoshi Kaneko" 記事一覧