マン・レイ Man Ray

(1890 – 1976)アメリカ合衆国の画家、彫刻家、写真家。
ダダイストまたはシュルレアリストとして、多数のオブジェを制作したことでも知られる。
1921年7月にはエコール・ド・パリの時代であったパリに渡り、モンパルナスに住みながら本格的に写真に傾倒する。職業的な写真家として成功をおさめ、ファッション雑誌などに写真が掲載されるようになる。彫刻家コンスタンティン・ブランクーシと交友し、ブランクーシに写真の技術の手ほどきをする。シュルレアリスム運動が起こると、シュリレアリスト達とも交わり、シュルレアリスム的作品も手がけることとなる。ソラリゼーションを表現技法として最初に利用した。(Wikipedia)

2件の結果を表示中

2件の結果を表示中