クリスチャン・ルブタン,ヒールを履いたときは膝を突き出して歩かないでね。

クリスチャン・ルブタン,ヒールを履いたときは膝を突き出して歩かないでね。

古今東西、女性の足を愛でるシーンが登場する小説はたくさんある。男性が女性の足を、それもかかとより下の部分を大切に扱ってくれるシチュエーションに、大きな愛情を感じるのは私だけだろうか。多分それは、お母さんが赤いエナメルの靴のベルトをかがみこんで止めてくれるような愛情。

記事を読む

蛾のナターシャさん。と言われてモスラを思い出してしまった。インファント島に住みたい。

蛾のナターシャさん。と言われてモスラを思い出してしまった。インファント島に住みたい。

どうして映画「ゴジラ」シリーズはちょっぴり切なくさせるのでしょう。見た目よりいい奴なのにウルトラマンみたいな扱いをされないからなのか、怪獣物だけどそれだけじゃない感じが溢れているからなのか。どっちにしてもゴジラが叫ぶと、私も叫ぶ。ままならぬ切なさに、やりきれなくて。んーーーーーぎゃああぁ。ためるよね。

記事を読む

「てあしくちびょう」ってことは、鼻には出ないのだろうか。

「てあしくちびょう」ってことは、鼻には出ないのだろうか。

なぜだか、私の周りの大人たちは、大抵は子供にしかかからないと言われている病気にかかる人が多いんだよね。りんご病とか、手足口病とか。本当は、公園や砂場で遊んでるんじゃないの? 一人で。

記事を読む

一人でも上手に掛けられる壁掛け用金具 ピクチャーパーフェクト
夏の野菜婦人会

夏の野菜婦人会

なくてもいいけどあるとうれしい,夏を彩る野菜,の婦人たち.

記事を読む

你好。 我的名字,不明白。 爱你。

你好。 我的名字,不明白。 爱你。

猫ににてる熊?そう始めはレッサーのせいで「熊猫」になった。そのあとデカさが強調されて「大熊猫」にされた。おまけに「パンダ」はネパール語の竹。ここはどこ?わたしはだれ? 私のことはほっといてください。って気持ち、わかってくれる?

記事を読む

8月8日は「ヒゲの日」

8月8日は「ヒゲの日」

「一人前の男になった」そんな気がしたあの日から、「一人前の男」なんて言葉、気にもしなくなったのに、なぜかヒゲだけは毎日伸びる。もう一度考え直してみようか「一人前の男」について。今日は俺のおヒゲ記念日。

記事を読む

オスカー・ワイルドの挿絵には使えないかもしれないが…

オスカー・ワイルドの挿絵には使えないかもしれないが…

あのころの僕は、王子様の願いを叶えてあげることが生きがいだった。

記事を読む

あぁ、私がスパイだったら、ガーターリングにベレッタを隠したい。

あぁ、私がスパイだったら、ガーターリングにベレッタを隠したい。

Old dog, new tricks.....Old dog でもいいじゃないか。タキシードには黒いエナメルのオペラパンプス、マティーニはステアじゃなくてシェイク。「こだわり」それが俺のダンディズム。 ふっ Puppyにはわかるまい。

記事を読む

こんな人知ってる☆

こんな人知ってる☆

何回見ても笑える。こんな人知ってるー。絶対1人は近くにいるー。

記事を読む

JUMP! Might as well jump!

JUMP! Might as well jump!

動物たちや植物たちは、知らん顔してなかなかしたたかだったりする。ぐずぐず考えたりしないから、生存本能も家族愛もストレートでいい。それ好き、それ嫌い。あれ欲しい、あれいらない。人間は邪魔しないようにしないとね。

記事を読む

気分屋さんって、わたしのこと?

気分屋さんって、わたしのこと?

「なんだか今日は素敵な気分。だからお出かけしましょうよ」「なんだか今日は落ち込んじゃって。だからお家にいましょうよ」「なんだか今日は退屈しそう。だから映画に出かけましょうよ」この思いのすべてが同じ日の1時間の事だとしたら、声にだして言わないで欲しい。しなやかな猫のように。

記事を読む

GO GO GO! 浮き輪なんてなくっても本当は上手に泳げるんだ!

GO GO GO! 浮き輪なんてなくっても本当は上手に泳げるんだ!

ぶくぶくぶうぅ。ぼこぼこぼー。すぃすぃすー。いろんな音が聞こえて来る。いっそ、ワンコと一緒に泳ぎたい。暑い暑い夏が来た。

記事を読む

リトグラフの技法

リトグラフの技法

リトグラフ(lithograph)の技法について.

記事を読む

1 2 3 4 5