に投稿

一人でも絵を上手にかけられる壁掛け用フック、その名も「ピクチャーパーフェクト」

picture_perfect2

職業病でしょうか。お店や病院等どこに行っても、左右に傾いてしまった絵や緩んで額縁から飛び出したヒモなどを見るとどうしても気になってしまいます。ピクチャーパーフェクトはそんな問題をいっぺんに解決できる“紐なし”の壁掛け金具(フック)です。棚などの壁掛けにも使用できます。

ピクチャーパーフェクトと今までの取付け金具の違い

今までもこのタイプの壁吊金具はありましたが、ピクチャーパーフェクトの特徴はその取付け方法にあります。絵をかけたい場所が決まったらそのままフレームを壁に押し当てることで釘を打つ位置に印をつけることができるので、高さや位置の調整に何度も釘を打ち直して壁に穴をたくさん開けることなくスマートに取り付けできる仕組みです。外した後も細釘なので穴も押しピンより少し大きいぐらいで目立ちません。

“紐なし”の壁掛けシステム

紐を使って掛けたときのようにフレームが前面に傾かず壁面にフラットに取り付けできます。また両端で固定するので、一度取り付ければ掛けた後にずれて左右に傾くこともありません。

取り付けは3つの簡単ステップ!

3つの簡単ステップで額縁をまっすぐ安全に取り付け!

ピクチャーパーフェクトの使い方(詳細版)

  • 額縁に金具を取付け壁面フックを装着(水平器を付属のテープで固定)
  • かけたい位置を決めたら水平器で水平を確認、
    そのまま、ぎゅーっと壁に押し付ける。
  • 押し付けた事で、壁面に凹みの目印がつく
    (もしも、壁面の材質によって印が目立たないときは、あらかじめフックの突起部分にクレヨンや水性ペンで色をつけておく)
  • 額縁をいったん他のところに置き、金具から壁面フックを外す
  • 凹みの位置に壁面フックを合わせ付属の釘を打ち込む
  • フックに額縁をかけて完成!
  • 商品には使用説明書が付属しています。
押し当ててできた壁の目印
押し当ててできた壁の目印
凹凸のある壁紙など跡が見えづらい場合は突起部分にクレヨン等を軽く塗っておくと簡単に印がつきます.
凹凸のある壁紙など跡が見えづらい場合は突起部分にクレヨン等を軽く塗っておくと簡単に印がつきます.
 

 

ピクチャーパーフェクトは他にも、

  • 万が一の地震などのとき外れにくい
  • 絵画をまとめて飾るディスプレイ、ギャラリーウォールなどにも最適
  • 22.6キロ*までの絵画(額縁や鏡)に対応。*木、下地のある壁面の場合。石膏ボードのみで下地のない箇所に使用する場合の目安は〜5kg。
  • 公共施設、モデルルームなど人の出入りが多い場所の設置にもおすすめ

絵画(額縁や鏡)にすでに設置用の紐が付いている場合のかけ方はこちらから

上手な絵のかけ方