に投稿

悲喜交交、Departures: 金子國義「悪徳の栄え」

渋沢栄一、じゃなかった澁澤龍彦の翻訳で知られるマルキ・ド・サド『ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え』をモチーフにしたリトグラフ作品です。

エディション(限定数)は6/35。今では希少な作品。
リトグラフに手彩色で仕上げられています。妖艶。

気に入って購入していただいてうれしいと同時に寂しくもなります。毎回書いている気がしますが、そうなんだから仕方がないです。。

に投稿

あけましておめでとうございます。

今年の写真は、一昨年ヴァチカン美術館で撮ったベルヴェデーレのアポロンです。
ギリシア神話の神アポロンは、芸術と学問の神、また医者の神アスクレーピオスの父であり、医聖ヒポクラテスはその子孫ともいわれます。

O Buono Apollo, all’ ultimo lavoro fammi del tuo Valor sì fatto vaso, come domandi a dar l’ amato alloro.

2021年が皆さまにとって良い年になりますように!

に投稿

縁は異なもの、 Departures: 『遥かな風の音』武田史子

『遙かな風の音』武田史子(1994)

作品に合わせたサイズで制作するカスタムフレームで額装しています。

2種類選んだフレームの中から最終的にお客様に決めていただきました。
前から見たときの見え幅だけでなく、高さ(横から見た厚み)もあり上品かつ重厚感のあるフレームです。
このフレーム(モールディング)はイタリア製ですが、スイスの都市Lucerne(ルツェルン)の名が冠せられています。
ルツェルンは有名な音楽祭が開かれることでも知られるスイス中央部の湖畔に位置する街です。

どうでしょう?この作品『遙かな風の音』にぴったりなイメージだと思いませんか?

フレームは名前で選んだわけではありません。
もちろん、フレームの名前はフレームのイメージに合わせてつけられ、作品に合わせてフレームを選ぶわけなのでなにも超常的なことではありませんが、数百ある中から選んだそのフレームに作品にぴったりな素敵な名前がついていて、さらにお客様に選んでいただけるというのはなかなかありません。

作品を納品させていただいた翌日、ちょうどNHK BSでルツェルン音楽祭が放送されていました。
良い作品は不思議な縁を呼ぶというか、行くべくしてそのお客様のもとに行くのだなあと感じました。

My lonely nights are through dear
Since you said you were mine
And, what a difference a day made

あなたが“君は僕のものだよ”と言ってくれてから
わたしの孤独な夜は終わった
ああ たった1日でこんなにも変わるなんて
–– 縁は異なもの(What a Difference Day Made)
に投稿

Departures: ダヴィンチとウォーホル

フィレンツェ ALINARI社のコロタイプ印刷によるダヴィンチ『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』の美しいポスターです。額装には作品の保存・保護に最適なBainbridge社のアートケアマットを使用しています。

ダヴィンチ『聖アンナと聖母子と幼児聖ヨハネ』コロタイプ印刷ポスター [Framed]

ウォーホルのBlotted lineで描かれたアイスクリームは、シルバーの箔と模様の陰影を白のパティナが引き立たせるフレームと合わせて凛とした佇まいに仕上がっています。

ウォーホル Ice Cream Dessert (red, pink, and white) ポスター [Framed]
に投稿

Departures: 金子國義 The Queen of Hearts (ハートの女王)

アリスが、ひれふさないでつっ立ったままだったので、行列は、アリスの前でいっせいに立ちどまり、女王さまはアリスに向かって、「おまえは、だれだ!」と、こわい顔で叫びました。

The queen of hearts (ハートの女王)
金子國義The queen of hearts (ハートの女王) リトグラフ集「不思議の国のアリス」より

不思議の国のアリス、リトグラフ集も残りあと2枚となってしまいました。

に投稿

Departures: アクリルボックス

I様の作品のアクリルボックスを制作させていただきました。
布を張り込んだパネルにキャンバスをマウント、アクリルケースでカバーする仕様です。

大切な作品の額装も承ります。無料のお問合わせ、お見積は下記より(Galerie RECOLTEのサイトに移動します)。

に投稿

Departure: Lapin sautant, Garçon, Alice 金子國義

金子國義 “Lapin sautant, Garçon, Alice” ポスター (LE REVE D’ALICE アリスの夢より)

お客様のご希望に合わせてフレームを変更して額装させていただきました。掲載されている写真のフレームを変えたい場合などもお気軽にお問い合わせください。額装のイメージ画像を見てからご購入いただけます。

に投稿

Departures: れもん

大場正男『れもん』

この作品は、大場正男氏の古希を記念した展覧会を企画・開催した際、過去の代表作の中から選出し制作していただいた限定記念作品です。

クラシックなフレームとマットのエッジに金刷りの和紙を貼りこむ面金加工で額装しました。面金は今ではプラスチックや木製のフィレを使うものが一般的ですが、版画など紙作品の場合には主張が強すぎてアンバランスになってしまいがちです。和紙の面金は繊細な作品の邪魔をせず、上品に引き立ててくれます。

に投稿

Departures: 「過去への彷徨」武田史子

過去への彷徨 SOLD OUT
“過去への彷徨” 武田史子

雁皮紙を用いて美しいモノトーンで表現された静謐さとロマンを感じる銅版画作品です。
1991年の作品ですが、昨年出版された「真理の工場: 科学技術の社会的研究」(福島真人著)のカバーに使用されています。本は未見ですが、イメージを掻き立てられるカバーとなっています。

作品の主題ともなっている“時間”、本当に時間を超えて愛される作品となっているようで素敵な偶然です。

武田史子作品一覧

に投稿

Departure:「The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)」「The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)」不思議の国のアリスより

良い作品はいつもそうですが額装するとパリッと正装、もしくはバッチリお化粧したみたいにさらに良い作品に見えます。

The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)
The curious croquet game (ふうがわりなクロケー試合)

サイン部分。ふうがわりなクロケー試合
サイン部分。ふうがわりなクロケー試合

The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)
The mock turtle’s story (にせウミガメのお話)

サイン。にせウミガメのお話
サイン。にせウミガメのお話

エディション。にせウミガメのお話
エディション。にせウミガメのお話

Bon Voyage!

に投稿

Departure:「10」そだきよし

10_fr

「Everything OK!」って言っているような元気なおサル。黄色が明るくて楽しい雰囲気です。申年&10周年のお祝いにピッタリな作品を選んでいただきました。

10_up

に投稿

ポップアート前夜のアンディ・ウォーホル「Ice Cream Dessert」ポスター

ice_cream_poster

オリジナルの制作はポップアート前夜の1959年頃。
デザイナー/イラストレーターとして活躍していたウォーホルが発明した“Blotted line”という手法で描かれています。線画をトレーシングペーパーなど撥水性の紙にインクで映しとり、それを別の紙に転写するというドローイングと版画を組み合わせたような技法です。この手法によって独特の味のある“滲み”が生まれています。そこに水性染料による鮮やかな彩色が施されていますが、オリジナルの制作を手伝った友人たちによる自由な彩色をウォーホル自身が奨励していたようです。このような制作のプロセスは、のちの Factory の時代にも繋がっていくものです。

イラストレーター時代には、同居していた母親の装飾的な字体が気に入って、作品のサインをお母さんにしてもらっていたそうです。とかくオリジナルにこだわりがちな世界で、そういうセンスがウォーホルらしいですね。

「Ice Cream Dessert」ポスター、3つの絵柄 × 3種類のフレームからお選び頂けます。7,452円〜

に投稿

Departure: マティスポスターフレーム

matisse_f1

セリグラフ(シルクスクリーン)ポスターは一般的な4色プロセス印刷のポスターと比べて、より「作品」といえるような質感と風合いがあります。絵柄に合わせていくつか候補を選ばせていただいた中から、このフレームに決定しました。

matisse_fimage

今回は東京都のお客様だったのですが、お部屋に飾った写真を送っていただきました。

matisse_room

直接飾り付けに伺う場合以外は飾られたところを見ることができないことも多いので、こうやって見せていただけると制作した側としてもとても嬉しいです。サイズの大きいポスターにしっかりとした太さのある優しい色のフレームを合わせることで、存在感がありながら主張しすぎない仕上がりになりました。美術館でしか見られないような作品でも質の良いポスターを選ぶことでお部屋で楽しむことができます。